BiSPAforJUNIOR 自転車のベストパートナー

会員ログイン BiSPA法人プラスお申込み

よくある質問

ご契約全般

どのような方法で申し込みできますか?
WEBサイトでのみ、お申し込みいただけます。
加入にあたってどういった情報が必要ですか?
会員となる法人(含む個人事業主)の各種情報(事業者名、担当者名、住所、電話番号、メールアドレス等)をご入力いただいた後、専用の会員サイトが開設されますので、そこから対象となる自転車の「防犯登録番号」および「車体番号」の登録を行ってください。
個人事業主ですが、申し込めますか?
申し込めます。法人欄に個人事業主としての個人名をご登録ください。
保険ですか?
保険ではありません。ロードサービスの会員に保険が自動付帯されたサービス商品となります。
支払いが遅れるとどうなりますか?
期日までにお支払いをいただけない場合は、(翌月の)サービス期間は休会扱いとなります。休会期間中は、各種サービスを受けることができません。
保険証券など発行されますか?
サービス商品ですので保険証券はございません。
加入を確認するものが発行されますか?
サービス開始月の20日頃にご登録車両1台ごとにカードと自転車貼付シールを発行し郵送いたします。このカードと自転車貼付シールについているQRコードを読み取ると加入の有無が確認できます。
発送されたシールはどのように使いますか?
防犯登録番号(車体番号)と会員番号を照合の上、該当する自転車に1枚貼付ください。
サービスはどのように受けられますか?
あらかじめシールをご登録自転車に貼付いただき、シール記載のQRコードをスマホで読み取り、サービス画面から各種サービスをご利用いただけます。
サービスはいつから利用できますか?
毎月25日までのお申し込み完了で、翌月1日よりサービス開始となります。(従いまして、26日~月末までのお申し込みは翌々月1日よりサービス開始となります。)
カードとシールが届く間、どのようにサービスを利用できますか?
ご登録いただきました自転車の情報・各種サービスの問い合わせ先・問い合わせ方法を記載いたしましたPDFデータをご登録のメールアドレスにお送りいたします。カード・シール到着まではそちらを用いてサービスをご利用ください。
お支払いはどのような方法がありますか?
毎月決済のクレジットカード払いもしくは年一括の請求書払いとなります。
年一括の請求書払いを選択した場合、​自転車を途中で廃車した際の会費はどうなりますか?
まずは運営事務局までご連絡ください。手続き方法をご案内した上で、途中で廃車等された場合は月割にて残期間分をお戻しいたします。
年払い契約をしています。補償の対象自転車を交換したいのですが可能ですか?
可能です。対象自転車を廃棄等した場合に交換が可能です。メールでinfo@bispa.or.jp 宛に、自転車の変更希望と連絡をしてください。その際に対象自転車のIDと新しい自転車のID・車体番号をお伝えください。また、変更後は入替え前車両の予備のシールを新しい自転車に貼付ください。
IDとパスワードを忘れました。
弊社、お問い合わせ画面 https://bispa.or.jp/contact/ にてパスワード再発行依頼を記載のうえ、法人会員ID、法人名、担当者名をご連絡ください。

緊急オペレーション
サービス

緊急オペレーションサービスとはどの様なサービスですか?
何らかの事情により緊急通報ができない場合に、会員(含む利用者)に代わって、救急、警察、保険会社に緊急通報を行います。緊急時、気が動転した時なども安心です。
これにより道路交通法第72条に規定された「緊急措置義務」「報告義務」を遵守できます。
位置情報通報システムとは?
サービスご利用画面にあらかじめ位置情報を通報するシステムを内蔵しており、記載された電話番号のボタンを「押すだけ」で位置情報が緊急通報オペレーションセンターに送られます。(あらかじめ使用されているスマートフォンの「位置情報サービス」を「オン」の状態にしていただく必要があります。)
これにより、ご自身で事故現場等の場所を説明する必要がなくなります。

ロードサービス

「自転車ロードアシスタンスサービス」とはどのようなサービスですか?
事故または故障により自転車が自力走行不能(自転車が物理的もしくは機能的に走行できない状態、または法令により走行が禁じられている状態)となった場合に、24時間365日トラブル現場へ駆けつけて、自力走行不能となった自転車のある場所から40キロ以内のご希望の場所まで無料で自転車を搬送します。
(注)一部離島など対象外の地域や、交通事情、気象状況などにより、サービスの提供に時間がかかる場合、またはサービスの提供ができない場合があります。
「自力走行不能となった場合」とはどのような状態をいいますか?
自転車本体が物理的もしくは機能的に走行できない状態、または法令により走行が禁じられている状態をいいます。
電動アシスト自転車は対象になりますか?
電動アシスト自転車も対象となります。電動アシスト自転車のバッテリー切れの際にも、自転車ロードアシスタンスサービスをご利用いただくことができます。
自転車ロードアシスタンスサービスの無料搬送距離を教えてください。
自転車ロードアシスタンスサービスの無料搬送距離は40kmまでとなります。無料搬送距離を超過した場合にかかる費用は、サービス利用者様のご負担となります。お支払いは現地にてお願いしております。搬送可能な範囲は40キロまでとなっておりますが、それ以上の距離につきましては委託先のロードサービス業者にご相談ください。
自転車ロードサービスの利用回数に制限はありますか?
利用回数に制限はございません
人も乗れますか?
トラブル現場付近にて交通手段の確保が難しい際には、出動スタッフの判断に基づき、最寄りの交通手段が確保できる所まで同乗していただける場合もございます。しかし万が一トラブルが発生した場合の責任は負いかねます。

補償サービス:
付帯保険~賠償保険

何を目的とした補償でしょうか?
BiSPAサイクル会員(法人)付帯保険は、法人会員が登録する自転車(所有、使用または管理する自転車)を運行し、保険期間中に生じた事故により他人の身体の障害、 他人の財物の損壊について、法人会員あるいは対象となる自転車を正当な理由で使用する利用者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害(損害賠償金や争訟費用など)を補償します。
自転車に補償が付くとは、どのようなことですか?
事前にご登録いただいた自転車に補償が付いた状態です。(=自転車付帯型)したがって、この自転車を正当な理由で使用する利用者が誰であっても補償されます。※詳細は利用規約に基づきます。
レンタサイクルの利用者は補償の対象になれますか?
自転車に付帯(自転車付帯型)していますので、レンタサイクルの利用者は、利用用途(仕事、プライベート、観光等)を問わず補償の対象となります。※詳細は利用規約に基づきます。
仕事中に事故を起こした場合も、保険金が支払われますか?
個人型の自転車保険とは違い、利用シーン(仕事中・仕事中以外の間)を問わずご利用いただけます。
搭乗者への補償はありますか?
第三者に対する賠償補償ですので、対象ではございません。BiSPAサイクル会員(法人プラス)では、自転車搭乗者傷害保険とヘルメット着用時傷害お見舞金が付帯されます。

補償サービス:
付帯保険~傷害保険

何を目的とした補償でしょうか?
会員(含む利用者)が登録自転車を運行し、自転車に搭乗している間に被った傷害を補償します。
レンタサイクルの利用者は補償の対象になれますか?
自転車に付帯(自転車付帯型)していますので、レンタサイクルの利用者は、利用用途(仕事、プライベート、観光等)を問わず補償の対象となります。※詳細は利用規約に基づきます。

その他のご案内

ページトップに戻る